さよなら原発、東村山ウォーク

2015年12月13日 16時43分 | カテゴリー: 活動報告

さよなら原発東村山ウォークに参加。
栄町の公園で市民集会を行った後、府中街道から八坂小前を右折し、久米川駅踏切を渡り、本町都営、市役所前から再び府中街道へ東村山駅東口の信号を右折し、久米川町元駐輪場跡地で解散のルートでした。

福島の子ども達に小児甲状腺ガンが、増えていることは見過ごせない事態です。
先日山本太郎議員が、国会で小児甲状腺ガン多発を指摘しました。
欧米、日本でも変わりなく年間100万人に一人の割合で稀に見られるのが、
小児甲状腺ガンです。それが、福島では、53万人中153人が小児甲状腺ガン、
もしくは、疑いがあるという統計が出ています。これは予想を超える数字
です。国は、因果関係を認めていません。未来ある子ども達に負の遺産を
残さないためにも、原発再稼働反対、原発いらない、子ども達のいのちを守れなど
コールしながら練り歩きました。
いまだに避難所生活や他の土地で生活することをよぎなくされている方々が存在します。
原発の終い方も考えていかなければいけません。
自国で起こっていることです。現実を見ていきましょう

通行の妨げになり、申し訳ありませんでしたが、車の中から反応してくださる方も
いました。
人任せにできない人達が、小雨の降る中、思いを一つにしたウォークになりました。