6/9愛知県津島市「しげんカフェ」の挑戦!

2018年6月9日 00時00分 | カテゴリー: まちづくり, 活動報告, 福祉, 障がい

荒川区企業組合「あうん」の若畑さん、中村さんの声かけで実現!
愛知県津島市にある【しげんカフェ】見学
めざしたのは《くずやの再生》
小さいときリヤカーを押して集めに来る人がいましたね。取りに行くのではなく持ってきてもらう!
古紙・雑誌・空き缶・ペットボトル・古着などを持ち込むと、毎日変動する価格で買い取るしくみ。
持ち込むものは缶やペットボトルは水洗いする。古着もタンスにあるものを持参するなど決まりを市民が守ることで、臭いはしませんでした。回収業者との契約により、引き取りも早いため、保管スペースも最小限で済みます。

自治体が税金を使う超過負担のリサイクルを持続可能にするために考えられた誰でも参加できる事業化しやすい、フランチャイズでありながら非営利も魅力的です!

カフェは6:30開店!
モーニング文化の手法も取り入れ、買い取りと他にポイントカードも存在し、ポイントを貯め飲み物チケットに交換、コーヒーからモーニングセットも食べられる何と二度オイシイ。

捨てればゴミ、生かせば資源もお金に。

資源カフェは、世代を問わず居心地のよい
交流拠点になっています。

少子高齢化、人口減少にある中、現場では、高齢者も障がい者も共に働く場所ました。

実際に現場を観ることで、関東圏で導入する可能性を見いだせました。
仕事おこし、環境リサイクル、居場所づくりを展開することで、地域資源が循環することで活性化につながると感じました。