11/25 国立ハンセン病資料館で「ハンドスタンプアート」開催

2017年11月25日 00時00分 | カテゴリー: 活動報告


「病気や障がいを抱えるお子さんを一緒に応援、世界一大きなアートにする」ハンドスタンプアートプロジェクトに息子と参加しました。
田川誠さんの絵からは、ありのままでいいんだよと言われているように感じ、ちょっとうるっときてしまいました。包み込まれるような優しい絵。
田川誠さんのお人柄が絵に現れています。らい対策の中で葬られた命もみんなおんなじいのち。
素晴らしい絵をありがとうございます❗

画材はリキテットさんに協賛を日本理化学工業さんにご協力頂いているそうです。日本理化学工業さんはチョークを作る会社ですが、需要が減り、それに替わるものとしてkitpasを開発。口紅と同じ成分で水性だからガラスなどに書いてもすぐ消せる優れもの。
日本理化学工業さんは、法定雇用率のない頃から知的障害者を進んで雇用しています。
資料館では秋季企画展「隔離の中の食」の展示も12/27まで。
ハンセン病を正しく理解する機会にぜひ、お出かけください!