5/8(日)東村山子どもまつり記念すべき40回目開催されました。

2016年5月8日 00時00分 | カテゴリー: 活動報告

13119081_1592776804367820_4106089387388012459_n13177915_1592936094351891_4374487678328346114_n13173862_1592940394351461_1875768657820153880_n

 

 

 

 

 

「あそぼう、まなぼう、ともだちつくろう」
をスローガンに東萩山小学校をお借りして行われました。
晴天のもと、3000人以上の来場者があり、健全な遊び場として
位置づけられています。
毎年学校が替わるので、大変な面もありますが、
みなさん手弁当で実行委員会を重ねてきました。
恒例「和太鼓座ぽん」太鼓の合図でまつり開始。

昨年から福祉作業所みどりの森も体育館ステージ演技参加しています。
どんこい魂のよさこい飛び入りさせてもらい、汗だくになってました。
11:30からみどりの森「グリーンバンド」の歌と演奏。「リンダ、リンダ」、
「チェリー」、「海の唄」、「手のひらを太陽に」(手話で)、「世界中の子ども達が」、
「散歩」を披露しました。小さなの女の子が一緒に手話をしてくれていました。
みんなが一体感を持つ子どもまつりならではの光景でした。

模擬店に長蛇の列でしたが、熱いので熱中症にも注意が必要でしたので、無料麦茶もありますと
よびかけ、防止を呼びかけていました。あそぼは無料なので、スリーラインボールや木工でトンカチを
叩く音が響いていました。
外ステージでは、よさこいやヒップホップダンス、スマイルの子ども達と迫のコラボよさこい演舞
などなど盛りだくさんの演技に観客も一緒に踊り、会場は盛り上がっていました。

事故もなく終えることができたのも事務局はじめ、実行の皆さまのご努力によるものです。
お世話になりました。
来年は、久米川小学校に会場を移し、第41回東村山子どもまつりが行われる予定です。
地域に子ども達を包み込む力をこれからも育んでいけるよう、力を注いでいきたいと思います。