平和の集い「憲法カフェ」

2015年8月29日 12時56分 | カテゴリー: 活動報告

8/29わかりやすい憲法カフェで法律は王様を縛る法であること。「憲法を守るのは政治をする人」、「国民は憲法を守る主体ではないこと」憲法を守るべき人達が今している行為は、憲法を破壊する暴挙であることを学びました。
夜は、砂川事件のドキュメンタリー映画、当時大学生であった島田清作氏の貴重な経験談も伺い、真の民主主義の礎がしっかり根ざしていることを確認できました。
8/30、国会前までたどり着けませんでしたが、国民に主権があることを声高に
叫ぶ人達と一緒に進みました。純粋に平和を作る、守るために動くすべての人が尊いと感じ、一番弱い立場の人達を思ったら、自然と泪があふれました。
集団的自衛権の行使容認の閣議決定は憲法違反。これに異議を唱え、憲法を
守り、生かす活動を諦めずに継続していきます。